本当にあったいじめ解決策やいじめを考えるサイト

aki room

私が通う学校では、いじめが多数あり

私も名前をいじられ→いじめに変わっていき→学校に行けなくなりました・・・

とても辛かった。

そして、休んでいたことが父に発覚し父達が学校側とで出した3案がこれです。

 

❶ 学校に来ている全生徒に無記名でアンケートを取ること

 

❷ アンケート結果に関わらずいじめを把握している場合、2週間ほど昼休み(下校時)の10分、全生徒一箇所に集まり教員の話を聞かすこと

 

❸ 生徒同士言いたい事、指摘したい事、やりたい事がある場合迅速に学校側が場所を提供しその場で起こったことはいじめとせず、その時間は授業を免除とすること

 

3案の解説 (読まなくて可)

1  アンケートには必ずいじめの有無の他に、いじめをどう思うか?

 

どうして欲しいのか?が盛り込まれていました。

 

いじめをどう思うか、いじめをどうして欲しいのか、

 

あなたならどう答えますか?

 

いじめはすばらしい、いじめをもっとやろうなんて人はいないでしょう。

 

ほぼ全員がいじめに否定的(良心や道徳や見栄や自分の番になったらなどから)な答え

 

になります。つまりほぼ全生徒の了承のもといじめ対策が出来る様になります。

 

2 教員の話を10分(移動込み)は生徒にすればとても面倒で億劫で、不満を

 

口にするでしょう。そしてその不満はいじめる側だけでなく、

 

いじめられる側にとっても(自分が苛められるせいと思い込み)

 

圧になりストレスとなり不安になるかもしれません・・・

 

なので、少しでも不安と不満低減のためでいじめ対策の了承を得つつ、

 

無記名のアンケート(苛めがどの学年でどこで発生しているか?

 

誰がしているのか?誰が言ったのか?分からなくするため)をとり

 

なぜ教員の話を10分はどこかで誰かがいじめをし、

 

それに対し生徒達が嫌悪感と対策してほしいからと全生徒に発表しましょう。

 

❸の話し合いの場設けるは必ず教員に立ち会ってもらいます。(さぼりや

 

脅迫や暴力を防ぐため)また、いじめはいじめる側がいじめと認識していない

 

場合があります。

 

その場合は、いじめられる側が❸を使って(使わなくても良い)呼び出し、

 

それをやめてほしいと「意思」を伝えないといけません。

 

(私も一人でいる時に伝えたらいじられる事はなくなりました)

 

総評 全生徒に半強制的にいじめ問題に関わらせ、いじめに嫌悪感を抱かせ

 

その嫌悪感をいじめる側(いじめと言う行為自体)に向くように

 

誘導(授業免除などで)することでいじめを解決に向かわせます。

 

最後に この方法はいじめの初期段階であればあるほど効果を発揮するものだと思いま

 

す。また、この方法で絶対にいじめが解決すると言うものではありませんが・・・

 

いじめがある事を知り、考え、行動する(自分の意見を述べる意思を示す等)事で

 

今現在いじめで悩んでいる方を(大人子供関係なく)一人にさせない

 

それこそが、いじめ「解決」に一番の効力を発揮するのではないでしょうか?

 

なのでここを手始めに様々な意見、様々な方法が、様々な場所で出てくる様に

 

なればいいなって思っております。

 

 

そして拙い文を読んでいただきありがとうございます。

 

近日、私なりのミルグラム実験を利用したいじめ対策をブログに出来たらなぁ~なんて・・・

 

「pc操作も上手くなりたいw」                    では

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新日:

Copyright© aki room , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.